リハビリテーション
病院でのリハビリでは、障害の回復が重要課題ですが、訪問リハビリでは、上記ももちろん予防的アプローチも、大きな比重を占めます。
これは、自宅内での転倒予防、体力低下を防ぎます。
また、回復が期待できない進行性の疾患でも、筋力維持練習で進行を遅らせ、悪性新生物(がん、肉腫)でも、合併症を防ぎ、体力も維持し、生活の活動性を保っていただけます。

理学療法士(PT、Phisical Therapist)

基本動作(寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、立位、歩行)
応用動作(階段昇降、家事動作、屋外歩行、移乗動作など)の実用性を向上させる事を目的とし、関節稼働域運動、筋力維持増強運動(筋持久力)、神経・筋再教育運動、協調性運動、呼吸練習、バランス練習、動作練習を行います。

疾患は、

整形(骨折など)、脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)、神経疾患、呼吸器疾患、廃用症候群、難病、小児リハ などです。

すごく簡単に言うと、

ベッドから起き上がりにくい、つまづいたりして歩けないなどのお悩み。
実際に動作を拝見して、動作の行いにくい原因を考え、それに対して治療を行い(運動療法、動作練習)、動作の改善を行います。



サービスのご案内
リハビリテーション
緩和ケア・マッサージ
よくあるご質問
会社概要
お問合わせ
HOME